データ化する

皆さんの買い物も瞬時にデータ化されています

スパーやコンビニには欠かせないレジですが、現在ではPOSシステムを導入している小売店がほとんどで、フランチャイズ店の場合は、瞬時に情報が本社に連携されることになります。販売管理、在庫管理を行うことが可能であり、今ではビッグデータとしても活用されています。 性別、年代別に好まれる商品の分析を行い、新商品開発につなげているのです。また、購買パターンなども分析されており、組み合わせで買われる商品の分析などを行い、商品陳列の参考にしたりしています。 消費者の購買行動を分析することにより、消費者ニーズの高い商品を提供することになり、消費者にとっても非常にありがたいものです。 買い物をして計算をするレジは、このような重要な役割も担っているのです。

どの列に並ぶかが勝負です

コンビニの場合は、レジを待っている時は1列なので問題ありませんが、スーパーなどの場合は、どこに並ぶかでレジの時間が大きく違ってきます。特にスーパーの混んでいる昼時や、夕方には陰ながら熾烈な心理戦が繰り広げられているのです。 スパーなどのレジ打ちには検定試験があり、各スーパーともに合格者には時給アップなどの特典もあるため、皆さん挑戦しているようです。このレジ打ち名人を把握しておくことが、この熾烈な戦いを勝ち抜く秘策です。 レジ打ち名人は、レジを打つ速さだけではなく、買い物かごに商品を並べる技ももっています。商品がつぶれてしまったり、袋に詰めづらくなるような並べ方はしないのです。混雑時であれば5分ほど違いが出てきますので、是非、レジ打ち名人を見つけておきましょう。

進化するレジ

一昔前のレジは、従業員が手作業でレジを打ってしました。それから、バーコードが誕生して、業務が効率化していきました。レジが進化することで、効率よく時間を短縮できるようになったのです。

続きを読む

便利な決済方法

現金を持ち歩かなくても、買い物ができる便利なサービスがクレジットカード決済です。クレジットカードは、コンビニ、ファミレス、飲食店、物販店舗など多くの店舗でクレジットカード決済に対応しています。

続きを読む

通販での導入

クレジットカード決済を導入する場合は、決済代行サービスを活用すると良いでしょう。決済代行サービスは、月々の物量を支払うことで、代わりに決済を行ってくれるというものです。

続きを読む